jamlog

海外不動産投資を変えるJAM

カンボジアで大量虐殺が行われた背景とは?今も受け継がれる過去・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

 

 

カンボジアは発展をしていてクリーンなイメージがありますが、過去には大量虐殺が行われた歴史も存在しています(´・ω・`)

 

今はそのようなことは行われていませんが、歴史的な事件があった建物は残っています。

 

 

 

外国の影響で始まった大量虐殺

 


東南アジアは冷戦時に共産主義国家と、資本主義国家の争いがよく行われました。

 

カンボジアにもそのような歴史は存在していて、沢山の人が亡くなった大量虐殺が行われています。

最初はシアヌークと呼ばれる人物が、フランスから独立して社会主義国家を作りました。

 

cakes.mu

 

しかしそれを気に入らないアメリカが、シアヌークがいない間にクーデターを仕掛けます。


その結果クメール共和国という国に変わり、アメリカの支援を受ける形に変わりました。

社会主義国家から資本主義国家に変化したのですが、アメリカはベトナム戦争に負け東南アジアから撤退します。

 

合わせて読みたい

 

 

多くの人が亡くなったカンボジアの歴史

 


ベトナム戦争で負けたアメリカは、東南アジアから手を引きカンボジアの体制が悪化します。

そこで現れたのがポル・ポトと呼ばれる人物で、クメール共和国を滅ぼしました。

 


ゆげ塾の5分でわかる「ポルポト」【お勉強デレッチョ】

 

その後クメール・ルージュという国を作りましたが、4年程度しか持ちませんでした。

最終的にはベトナムの支援を受けた、反政府勢力によって滅ぼされています。

 

ポル・ポトの体制は短い期間でしたが、カンボジアの三分の一程度の人口が失われました。

 

200万人以上が殺害されたといわれ、医師などの知的階級は大半が亡くなっています。

クメール・ルージュは原始共産主義国家であったため、知識人を迫害して大半の命を奪いました。

 

合わせて読みたい

 

 

今では安定しているカンボジア

 

カンボジアの大量虐殺は、短い期間で人口の多くを失いました。

 

f:id:minkosyan:20180524135824j:plain

 

ただその後は虐殺は行われず、安定した形で運営されています。

医師などへの教育にも力を入れているため、今では十分に人材のいる国に変わりました。


過去に起こった大量虐殺の歴史は、今でも資料として残っています。

 

首都近くにも虐殺が行われた、施設が残っていて見学ができます。大量に自国民を殺した、ポル・ポトの体制は短いものです。

 

しかしその短い期間で大量に人の命を奪ったため、その後のカンボジアは苦労しました・・・