jamlog

海外不動産投資を変えるJAM

【文化の違い】カンボジアと日本の文化の違いをまとめてみました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

 

 

旅行や生活するならカンボジアがおすすめです♪

世界でもトップクラスの生活を誇る日本と違いを紹介します。

 

 

 

カンボジアの魅力➀食文化

 

 

カンボジアの料理はプラホックと言われる魚の身をすりつぶして発酵させた伝統料理が有名です。

 

他にはステーキやフレンチなど豊富なメニューがあり、海外に来て食事に困ることがありません。

 

f:id:minkosyan:20180807115820j:plain

 

f:id:minkosyan:20180807115825j:plain

 

日本と異なるのは、食事は家族だけでなく、友人も招待する点です\(^o^)/

カンボジアは家族が多く、みんなで一緒に食べる文化を持ち併せています。

 

日本は近所同士の交流がないケースもありますが、カンボジアは近所の方や友人を気軽に招くフレンドリーな性格の方が多いので、親密な関係を築きやすいです。

 

 

カンボジアの魅力➁礼儀

 

 

日本では上下関係を表すものとして敬語が使われていますが、カンボジアでも礼儀として敬語を使います。

 

異なる点は挨拶の仕方です。

日本の挨拶は小さい頃から頭を下げる風習がありますよね。

 

カンボジアではソンペアと言い、合掌の構えを取ります。

まるで儀式のような形ですが、日頃から頭を下げる日本と違い、挨拶の仕方が異なるだけで異文化を実感できます。

 

合わせて読みたい

 

 

カンボジアの魅力➂生活費

 

 

カンボジアは日本と比べて生活費が安いです。

 

ここでは、大まかに日本円で値段をまとめていきます。

まず、一人暮らし用に必要なワンルームは安いところで8千円で住めます。

プノンペンなど都会、またはそれに近い場所に住みたい場合は2万円からになりますが、日本の賃貸と比較すると格安な部類に入ります。

 

f:id:minkosyan:20180807103936j:plain

 

日々の食費は自炊の場合、約1万円で収めることができるので、働く上で貯金がしやすい利点を持ちます。

 

 

カンボジアの魅力➃遺跡

 

 

カンボジアの遺跡と言えば、世界三大仏教遺跡の一つに数えられるアンコールワットがあります。

 

kambodia.hatenablog.com

 

世界遺産にも認定された遺跡ですが、日本も世界を代表する寺院や仏閣は多数存在します。

違いがあるとすれば、カンボジアの遺跡は非日常的な空間を体感することができる点です。

 

タプロム寺院など魅力ある建物は、木の根っこや草木で覆われていることで近づくと迫力のあるビジュアルになり、好奇心を奮い立たせてくれます。

 

 

☆合わせて読みたい☆

jamlog.hatenadiary.com

jamlog.hatenadiary.com